スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
docomo SC-02C (GALAXY SII) のSIMスロットの破損・修理
SIMスロット ドコモ のファームウェア・アップデート(Android 4)があったので、暫く休眠していた SC-02C (GALAXY SII)を引っ張りだして、アップデートをしたのだが、その際、 micro SIM アダプターを引っ掛けて SIMスロットのピン(電極)を折ってしまったのだった。
Androidアプリのデバッグ・検証用なので、しょうがないかと諦めていたのだったが、昨日、電脳中心買物隊のサイトで「SIMスロット修理」(http://shop.isl.hk/products/detail.php?product_id=1681)というのを見つけた。5,400円というので頼もうかと思ったが、「カゴに入れる」をしてみたら、送料500円+で5,900円だった。待てよと思い直して「SIMスロット修理」でぐぐってみたら、どうやらドコモで修理ができるらしいので、聞いてみてから判断しようと、今日会社帰りにドコモショップに寄ってみた。(実は、ドコモとは回線契約が1本も無いので、修理を受け付けてくれないのでは?と思い込んでいた)
 対応してくれた女性に、ドコモ回線の契約が一本も無いこと、SIMスロットのピンを不注意で折ってしまったことを告げると、「回線契約が有ると修理代は 5,145円ですが、契約がない場合の料金が不明なので、修理担当部署に問い合わせて良いか?」と聞かれたが、悪いわけがない。で、結果は同一料金で可能ということだったので、お願いしてきた。やれやれ。(勿論、事前にバックアップを取ってから、メモリー・設定は初期化している)

 ところで、このタイプのSIMスロットの場合、microSIMアダプター(ゲタ)を使わずにそのまま場所だけ合うように microSIMを入れると良いようだ。また引っかかった時には無理せずにシックネスゲージの薄いやつをピンとの間に入れてやると破損せずに引き出せることも判ったので、次回は気をつけよう。
スポンサーサイト
【2012/08/22 21:19】 | Android | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
互換タイヤ Android版をバージョンアップ
互換タイヤ Ver.1.1 2月11日にリリースした、「互換タイヤ」Android版をバージョンアップした。
前回のバージョンは、Android版アプリの作成方法を学び始めたばかりだったこともあり、見栄えなど不満がありつつも、とりあえず動くものができたというので、リリースしたものだった。
 その後、画面レイアウトの機能や、ボタンデザインの変更方法を学んだので、自分なりに見栄えを良くしたつもりのものを Ver.1.1 としてリリースした。
 変更は画面の Look & feel のみで、機能などは変更していません。
ボタンは Adobe Photoshop Elements で自作したものを使いましたが、ま、Ver.1.0 のものよりは、ボタンらしくなっていると自画自賛してます。
 そして、今回は Android Market における、既リリースアプリのバージョンアップ方法を学びました。

このアプリの詳細はこちらをご覧下さい。
http://ynomura.com/ynomura/hu_huantaiya_A.html
【2012/03/03 21:16】 | Android | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
初のAndroidアプリをリリース
互換タイヤAndroid版 正月休みからAndroidアプリ開発の勉強を初め、やっと最初のアプリとなる「互換タイヤ」をリリースしました。このアプリは以前 iPhone用として作成し、AppStoreにリリースしていたものが元で、利用者から「iPhone以外の友人が欲しがっています」と言われたことと「自習支援型Androidアプリ開発勉強会」(http://asm.dev-training.com/)に参加して、背中を押されたことが、モチベーションになりました。
 このアプリの機能は、車のタイヤサイズを計算するもので、ホイールのインチ数や扁平率を変えたいときに、標準のタイヤとの互換性を調べるものです。一般的にインチアップなどと呼ばれるものを、簡単に計算するためのものです。
詳細は、Androidマーケットのリリースページ
http://market.android.com/details?id=com.ynomura.android.compatitire
か、私の製品紹介ページ
http://ynomura.com/ynomura/hu_huantaiya_A.html
をご覧下さい。

Compatible Tire
【2012/02/13 22:11】 | Android | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
SIMロック解除
SIMロック解除 ドコモショップで Galaxy S II (SC-02C)のSIMロック解除の手続きをしてきた。
(ドコモの回線を契約していなくてもできました)
とはいっても、本体内部に記載されているバーコード(IMEI and/or Sir.No.)を読ませて発行される「SIMネットワークロック解除PIN」という8桁の数字をメモして渡されただけ。他社SIMを入れて起動したときに、画像のように解除コード入力画面が出てくるので、この番号を入力してから「保護解除」ボタンを押すだけ。(「保護」ってのは利用者じゃなくて、キャリア(ドコモ)を保護しているんだよね。)
 英国O2のSIMは持っているのだが、それだと設定のやり取りだけで課金が発生するので、とりあえず、以前使っていたiPhone 3G S のSIM(iPhone 4にしたときに、そのまま持っていたもので、契約は切れている)をGalaxy S II に差して起動したら、この画面が出てきたので、解除番号を入れると簡単にロック解除できた。試しにiPhone 4のmicro SIMにアダプタをかませて、Galaxy S II に入れて起動し、ネットワークの設定を SoftBank にしてから、電話をかけてみたらちゃんとつながった。(当たり前か)ということで、無事SIMロック解除もできた。
 SIMロック解除をしても、テザリングをオンにすると、ドコモのSPモード用のAPNに接続するように設定を変更するという問題は、前のブログ記事に書いたとおり解決しているので、これで完全にSIMロックフリーなAndroid端末になった。

 ところで、NTTdocomo様に問い合わせていた、b-mobile SIMを入れて運用中、テザリングをオンにするとネットワーク接続が切れる問題はAPNをSPモードのAPNに上書きしているのか?への回答は、「弊社より販売しているテザリング対応機種はspモードのアクセスポイントでのみテザリングが可能な仕様となっており、他社提供のSIMカードを挿入された場合につきましては、アクセスポイントの上書きを含めてお客様にご案内いたしかねますことを何とぞご容赦賜りますようお願い申し上げます。」ということだった。
 更に、「また、SIMロック解除を行ない他社のSIMカードを挿入してご利用される場合弊社ウェブサイトでご案内差し上げているとおり、一切の動作保証を行なっておらず、またご利用いただけるサービス・機能・ダウンロードしたアプリケーションなどの利用が制限される場合がございますこと、重ねてご容赦賜りますようお願い申し上げます。」とも。
 そして、「なお、このたびお客様からお寄せいただきましたお声につきましては、弊社端末、サービスに対する貴重なご意見として受け止めまして今後のサービス改善・製品開発の参考とさせていただきます。」ということですので、今後の改善に期待することにしよう。
 SIMロック解除については、SoftBankのWebを見てもドコモと同じような扱いなので、この国のSIMロック解除は暫くの間は中途半端な状態が続きそうだ。

【2011/09/11 19:36】 | Android | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。