スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
StickNFind が iOS 7 でペアリングできない問題の解決法
 未使用だった StickNFind が iOS 7 でペアリングしようとすると、名前をつけた後ずーっと待ち状態でペアリングが完了しないという問題が発生しました。
 iOS 6.x の時にペアリングしていた StickNFindは、そのまま iOS 7 でも使えましたが、未使用だったものはペアリングしようと何度試みても先に進みません。

 本家のサイトを調べたら、次の情報がありました。
http://blog.sticknfind.com/tag/sticknfind-stickers/
要は iOS 7にアップデートする前に StickNFind のファームウェアをアップデートするように書いていますが、どうやってアップデードするのか方法が判りません。
 もう少し、調べてみると、次の情報が見つかりました。
http://support.sticknfind.com/customer/portal/articles/1306230-ios-7-compatibility-

 何と! iOS 7 になっていない動作可能な iOS デバイスか Android デバイスで、最新の StickNFind.app を実行してペアリングすれば自動的にアップデートされるとのこと。

 動作可能な iOS デバイスを調べてみたら、 iOS 6.x で動作している、iPhone 4S, iPhone 5, iPad 3rd Gen, iPad 4th Gen, iPad Mini, iPod Touch latest genとのこと。
 Android でもファームウェアアップデートができると有ったので、手元の Galaxy S2 にインストールしようと思ったら、互換性がないと言われ、これまた動作端末を調べると、Samsung Galaxy S3, Note 3, Galaxy S3 Mini, Galaxy S4, S4 Active, S4 mini, Galaxy Camera, Galaxy Note 8 だけのようだ。

 私はその後、知人の協力で StickNFind のファームウェアをアップデートし、無事 iOS 7 で使えるようになったが、このことを知らずに iOS 7 にアップデートした人は、同仕様も無くなる困った仕様だ。
 メーカーは Mac や PC など他の方法でファームウェアアップデートができるよう改善してもらいたいものだ。
スポンサーサイト

テーマ:パソコンサポート - ジャンル:コンピュータ

【2013/09/29 17:45】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
任意の計算式を登録できる電卓アプリが便利
MagicCalc
お気に入りのコラムの一つである、林伸夫さんの「Long and Winding Mac」
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20070222/262622/?rt=nocnt
に今日掲載された記事「iPadとクラウドで健康管理。Withings WiFiボディスケールが抜群にエレガント [2012年7月19日]」を読んでいて、BMIが気になった。過去に肥満度2の境界値まで行ったことがあって、ダイエットを決意して現在は標準体重を維持している。
このコラムで紹介されていたWiFi対応の体重計は便利そうではあるが、財布が低体重(笑)なので、今の体重計を使い続けるとして、BMI値を「体重」÷「身長の二乗」を電卓で叩くのも面倒だ。
ここはiPhoneアプリをと思ったが、気に入ったのが無い。
で、偶然見つけたのが、今回紹介するアプリ Magical Calculator - iOS です。
http://leibao.webs.com/Apps_by_Bao_Lei/Magical_Calculator.html

前置きが長くなったが、まだ、携帯も無かった頃、プログラム電卓にハマって、色々なプログラムを登録して遊んでいたことを思い出して、すっかりこのプログラマブルな電卓が気に入った。
プログラムというよりも、数式を一行、一行書いていって、実行するだけ。数式は名前を付けて沢山登録できる。さらに便利なのがプログラムのライブラリーを DropBox に同期できることだ。複数の iOS デバイスとの数式の同期が簡単にできるというわけだ。
無料でインストールできるが、そのままだと画面下に広告が出るので、85円支払って消してしまおう。
iPhoneだけでなく、iPadでも利用でき、iPadだと式の一覧と計算画面の両方が表示されて使い勝手が良くなる。

さて、この数式(プログラム)だが、変数名に日本語も使えて、変数名と入力フィールドが画面に出るという使いやすさ。表に出したくない変数名には最初に@を付ける。また if - elseif -else -endif などの条件分岐も可能だ。

ということで、早速BMI値を算出するプログラムを書いた。
自分用には身長を定数としたが、ここでは身長も入力するようにした数式プログラムを紹介する。

----------------- BMI値を計算する数式プログラム ------------

[health] BMI_General
=note= 身長と体重を入力してBMIを計算。判定は、-1:低体重、0:標準体重、1〜4:肥満度
@0 = + 身長(cm) / 100
@1 = + 体重(kg)
BMI値 = @1 / @0 ^ 2
if BMI値 < 18.5
判定 = + -1
elseif BMI値 < 25
判定 = + 0
elseif BMI値 < 30
判定 = + 1
elseif BMI値 < 35
判定 = + 2
elseif BMI値 < 40
判定 = + 3
else
判定 = + 4
--------------------- ここまで --------------
最初の行は、式につけた名前で、二行目は説明。
実際に動作するプログラムは3行目から。
【2012/07/19 22:41】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Xcode 4.3に対応した解説本「サルでき.jp」から

 iOS 用アプリを作成している時にお世話になった Webサイト「サルでき」(サルにもできるiPhoneアプリの作り方)のカワサキタカシ氏が著した解説書「iPhoneアプリ開発塾」出版のお知らせを見て注文していた本が昨日届いた。(出版日が近づいてからの予約注文だったせいか、発売日から少し遅れて発送されたのだった)
 で、自分のMacでXcodeのバージョンを確認したら、4.2だった。え?確か iOS5になって自作アプリに不具合の報告があって、バージョンアップした時に App Storeから最新版を購入?していたので、アップデートされると思っていたのだが、この本では iOS5.1 & Xcode 4.3 対応と書いている。早速 Developerサイトにログインしてみると、Xcode 4.3.3 for Lion が見えるが、「View in Mac App Store」ボタンを押しApp Storeが立ち上がっても「インストール済み」となっていて、4.2から4.3.3へのアップデートはここではできないみたい。ま、それくらいXcodeにはご無沙汰していたということになる。
 Developerサイトに戻って、Download Xcode 4 for Free の、View Downloads をクリックしてXcode 4.3.3 for Lionを直接ダウンロードしてインストールした。 App Storeを使うんならアップデートもそこからできるようにして欲しいぞ。

 さて、この本の内容だが 題名どおり全くの初心者向けに書かれている。開発環境であるXcodeの入手・インストールからAppStoreへのリリースまでに必要なことが、とてもわかりやすく解説してくれている。
 だが、初心者だけでなく私のようにしばらく開発から遠ざかっていて、そのときに使っていたXcodeと最新のXcodeのあまりの違いに戸惑っている人にも有用な情報も盛り込まれている。特に Storyboardに解説はありがたかった。また、iAdやRetinaディスプレイ、多言語対応やTwitter連携など応用テクニックまでと豊富な内容だ。でもって、サンプルコードのダウンロードもできるし、読んでわからないことなどはサルできのサイト(http://sarudeki.jp/)で相談できる。(かもしれない)
 Xcodeの現時点での最新バージョン 4.3.3 に対応している解説本は(たぶん)これだけだと思う。
iOSアプリを開発してみようといった初心者から、私のように簡単なアプリは作れるようになったが、もうちょっと上のレベルを目指したいという人にもお勧めの一冊だ。
使われている紙の質はちょっと残念だが、解説本なのでOKだ。
【2012/06/16 09:45】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
宅内の無線LAN環境を変更
(久々の長文書き込み)
フレッツ光からauひかりへの移行を控えて、自宅のネット環境を変更した。
これまでは、ONUからの出力をHUBで分けてひかり電話ルータ(RT-200KI)と、無線LANルータ(WZR-HP-AG300H)に接続して、電話とPPPoEを分担させていた。これはAG300Hの機能にある外部からのVPN接続や、WOL起動を使うため。
さらにそれらのLAN側を繋いで、無線LANに接続しているPCやスマートフォンを内線電話に使えるようにしていた。
auひかりではルータではなく(?)ホームゲートウェイと呼ばれる機器でもって、PPPoEではなくMACアドレス認証で接続されるとのことなので、これまでのようには接続ができなくなるらしい。ホームゲートウェイといってもルータのようなものなので、設定によっては何とかなるかも知れないが、ま、予行練習もかねて弄ってみた。

主な変更点はONUから直にRT-200KIに繋ぎ、その配下にAG300Hを置くようにした。悩んだのは、AG300HのPPTP VPN機能は、ルーターモードでないと使えないこと、それだと光電話ルータのLAN側とは別のドメインになること。同一ドメインにするには、AG300Hをブリッジモードで運用すれば簡単なのだが、それだとVPN機能が使えないことだった。DDNS更新機能もルーターモードでないと動作しないのだ。(DynDNSというDDNSを利用していて、この機能を使っていた)

光電話ルータと無線LANルータの設定を色々変更してみて動作検証を繰り返したが、結局、RT-200KIは PPPoEパススルーとして、ルーターモードにした無線LANルータにPPPoEを担わせる。邪道だが、光電話ルータのLAN側IPアドレスを無線LANルータのLAN側のドメイン内のアドレスに設定したこと。更に邪道にもそれぞれのLAN側をケーブルで直結。(いいのか?)
今のところ動作には問題なく、無線LANで接続したMacBookから、AG300Hにも、RT-200KIにも接続して設定したり、ログの閲覧もできるようになった。もちろん外からのVPN接続もできた。

さて、auひかりのホームゲートウェイにVPN機能や、DDNS更新機能が有って使えると無線LANルータはブリッジモードで運用できるのだが、それができないと、ちょっと厄介だ。ホームゲートウェイは利用者から機種の逆指定ができないので、何が送られてくるのかちょっと楽しみ?
【2012/04/01 18:06】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Microsoft Office Live との決別
 私が有償アプリのサポートページとして使っているドメイン名「YNOMURA.COM」は、だいぶ前に 「Webサイトを無料で作成」というキャッチフレーズでサービスを開始した時に、ドメイン名も無料だったので、取得したものを継続していたもの。
無料だったのが、二年くらい前から有償化されたが、2,000円弱/年くらいだったので、まぁいいかと利用を継続していたのだが、先日メールで
「Office Live Small Business は、2012 年 4 月 30 日をもって廃止されます。つきましては、お客様にプロフェッショナルおよびスモール ビジネス向け Microsoft® Office 365 への移行についてご案内させていただきます。」と連絡してきた。
 メールにはサービス料金が書いていなかったが、「Office Professionall Plus の特別な6か月無料トライアルをご利用いただけます。」とあるので、6か月後は有償になるのは自明なので、調べると600円/月のようだ。
 つまり、無償→有償化(2,000円?/年)→別サービス(6,000円以上/年)というトラップ(笑)だ。
しかも、Webページを移行するツールもなく、手作業で移行(というか、作成しなおし)しなければいけないとのこと。ひどい話だ。

 せっかく馴染んだドメイン名は継続したいし、これとは別に個人的に利用しているレンタルサーバー(こちらは、1,500円/年と格安)があって、あまり活用していなかったので、ドメインを移行することにした。OfficeLive の webページ編集ツールで作成したいたページを、すべてこちらに移行する必要があったのだけど、それは Microsoft Office 365へ移行する場合でも同じなので、覚悟の上。

 ということで、ynomura.com に置いていたWebページを、コツコツとiWebで似たように作成して、さくらインターネットのレンタルサーバーに登録し、gTLDのドメイン名は OfficeLive から切り離し、このレンタルサーバーへ向けてDNSを設定という一連の作業が完了した。あ~あ面倒くさ。
切り離された OfficeLive のページ(旧)は
http://temp.ynomuracom.officelive.com/default.aspx
で、しばらくは使えるようだが、今後は
http://ynomura.com/
で使っていくことになる。
さくらインターネットのレンタルサーバー・ライト(1,500円/年)は、OfficeLiveより前から使っていて、値上げも無かったので、これでしばらくは安定して使えそうだ。

テーマ:ちょっとした出来事 - ジャンル:日記

【2012/02/12 17:17】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Androidアプリ開発環境構築手順【MacOS編】(メモ)
 だいぶ前にAndroidの開発環境を構築した時と、随分違って
いたので、自分用備忘録として記録しておく。

環境構築(Android SDK等)の構築手順(2012年1月26日現在)

【以前の環境を消去する】
 ホームディレクトリーの .android, .eclipse, workspace ディレクトリー
 ドキュメントディレクトリーの workspace ディレクトリー
 (必要なプロジェクトは事前にバックアップ)

【Eclipse最新版のインストール】
 以下のサイトから最新の Eclipse IDE for Java Developersを
 ダウンロード
 http://www.eclipse.org/downloads/?osType=macosx

 解凍したものをEclipseフォルダーごと、Applicationsフォルダー
 にドラッグ&ドロップ

【Eclipseを起動する。】
 必要なら以下の手順でプロキシーの設定をする。
  環境設定→General→Network Connectionsで必要な情報を設定

【ADTのインストール】
 Help→ Install new software
 Add で Name: と Location: に
 https://dl-ssl.google.com/android/eclipse
 をセットしてOKボタンを押して少し待つと
 Developer Toolsが表示されるので、チェックして Next>をクリック
 さらに、Next>を押し、認証を Acceptして Finish
 セキュリティの警告が出るが、OKをクリック。
 再起動のメッセージが出るので、 Restart Nowをクリック

【Android SDK のインストール】自動化されている
 再起動後に Welcome Android Developmentウインドウが開き
 Install new SDK がチェックされているのを確認して Next>をクリック
 Googleに情報を提供するかの確認ウインドウがでるので、 YesかNoを
 選択して Finishをクリック

【プロキシーの設定(必要な場合)】
 Eclipleのプロキシーを設定しただけだと、Android SDK をインストール
 する Android SDK Manager が SDK が読み込めずエラーになる。
 Android SDK Manager にも HTTPプロキシーの設定が必要な場合は、
 Eclipse経由で起動しても設定できないので、
 /Users/(ユーザーID)/android-sdk-macosx/tools/ ディレクトリにある
 android (Android SDK Manager) を直接起動し、環境設定でプロキシーを
 設定してから、EclipseのWindow→Android SDK Managerで起動して、
 必要なプラットホームにチェックを入れてインストールする。

【Android仮想デバイス(AVD)の設定】
 Window→AVD Managerを起動して、新規にバーチャルデバイス
 (必要なAndroidバージョンのもの)を作る。
【2012/01/28 20:54】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
英語版 Steve Jobsを辞書を引きながら読む
iBook版辞書 ちょっと出遅れたけど、Steve Jobsの伝記英語版電子ブックを購入した。価格は日本語版上下の値段の4分の1以下だった。
 iBookだと、iOSの機能で辞書を引くことができるのだが、英英辞書を引いてくるのだった。
 それは、このePubデータの中にある言語属性が英語になっているためだ。
これを日本語に変えるには、Calibreというアプリの「書誌を編集」で日本語を選択する方法が簡単だった。
 これで、iBookを使って、解らない単語を辞書を引きながら読み進むことが簡単になった。(右の画像)
 そもそも分かる単語が少ないのだけど。 (^ ^);
 
 ちなみに、ネットで調べるとこんな方法があったが、私の環境では旨く行かなかった。
「iBooks (iPad 電子書籍) で英和辞書を表示させる裏技」
http://d.hatena.ne.jp/softether/20100730

【2011/12/08 20:59】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。