スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
英国の新コインセットがやっと届いた
英国コイン1 Royal mint(英国の造幣局)から注文していた新コインの展示用セットが届いた。
英国のコインが2008年から新しいデザインになったということは、そのコインをデザインした Matthew Dent氏のところに取材に行くことになった息子から聞いた。
そして、そのデザインが、それぞれ単体のものでなく、ジグソーパズルのようになっているという画期的なものだということも。
英国コイン2 どんなものか気になってネットで調べたら、セットで購入できるというので、早速「2008 Royal Shield of Arms Presentation Folder」を注文していたのだった。
 配置されたコインとそのデザインは、上から
(1 Pound:盾全体)
(10 Pence:盾の左上角)、(2 Pence:盾の右上角)
(1 Penny:盾の中段左)、(5 Pence:盾の中央)、(20 Pence:盾の中段右)
(50 Pence:盾の下)
というもの。なるほど画期的だ。(裏面はすべてエリザベスII女王の横顔で統一)

英国コイン3 ところで、注文してから到着までは、とっても時間がかかった。1ヶ月と20日位。
Royal mint の対応は以下のとおり。
6月5日 発注。すぐに受け付けメールが来たものの
「Your order is subject to availability. Please allow up to 21 days for delivery.」と。 およそ21日後にWebで確認すると
6月26日 being processed
7月2日 問い合わせると、即返信が来たが
「I can confirm that your order is being processed but due to the overwhelming demand we are awaiting stock. This could take a further 4-6 weeks.
Please accept my apologies for any inconvenience caused and be assured we are doing everything we can to reduce the above delay.」
気長に待っていたら
7月22日 に Despatched になっていた。そして
7月26日 到着!
いやはや、注文殺到とか言っておりますが、やはりお役所仕事なのでしょうか?

独り言:造幣局をRoyal Mintと言うのだが、mintってハッカだよね。で、考えたんだけど貨幣を発行する造幣局だけに、発貨(ハッカ)ということか? お後がよろしいようで...

スポンサーサイト
【2008/07/27 09:55】 | 耳よりな情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハリーポッター読了
ハリーポッター7巻 長い物語(八犬伝よりは短いが)が終わった。
32章から36章は読み返す必要があった。
そして、もう一度1巻から読み返したくなった。
 1巻から伏線が隠れている。あぁ、あれはそういう意味だったのかと。
すべてが明らかになった今、最初から読み直すとまた違った物語として読むことができるだろう。
J.K.ローリングは、物語全体をここまで緻密に構成していたのかと思うと、その凄さを感じざるを得ない。
 こうして原文と一緒に見ると翻訳の苦労も伺える。
Invisibility Cloark:「透明マント」や、Room of Requirement:「必要の部屋」はいかにもだが、 the Pensieve: 「憂いの篩い」にはうなってしまう。(私の英和辞書には単語すら無い)
ちなみに、「火消しライター」は the Deluminatorだ。

【2008/07/26 06:27】 | 耳よりな情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ATOK 2008 for Mac
ATOK2008 Mac 予約していたATOK 2008 for Macが金曜日に届いていた。これまで eg-bridge universalを使っていたのだが、広辞苑第六版が付いていて特別価格の予約注文というのにグラッときたのだった。
 届いたパッケージは簡素なものだが、そのほうが良いと思う。中身はATOKと広辞苑それぞれが入ったCD-ROMが一枚ずつ。それに両方のディスクイメージファイルが保存されたカード型のUSBメモリー(1GB)が付いてきた。(写真)
USBメモリーでインストールができるのは手軽だ。
 インストールは問題なかったのだが、広辞苑を使えるようにするのにハマってしまった。
広辞苑のディスクイメージファイルに入っているマニュアルには、変換辞書として登録する方法は書いてあったが、電子辞書として登録する方法が解らなかったのだった。(見落としかもしれないけど)

広辞苑6forATOK 結局、ATOKの環境設定の「電子辞書検索」タブのところで、でっかい方の辞書を登録することで検索できるようになった。
これから使い込んでみないと何ともいえないが、広辞苑が引けるようになったのは嬉しい。

【2008/07/20 22:58】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
八幡平から田沢湖ツーリング
八幡平から見た岩手山 最近なかなか時間がとれなかったが、今日、少し時間が取れたのでツーリングに出かけた。八幡平から田沢湖を巡る定番コース。ちなみに自宅から八幡平頂上の駐車場までは55Kmの近さ。(裏道を通るんだけどね)
 写真1枚目は八幡平頂上手前から見た岩手山。雲を被っているけど存在感だね。

黒のNSX2枚目は頂上から秋田犬側に少し行ったところ。右に写っている黒のホンダNSXは春日部ナンバーで改造したウイングが付いていた。後ろにくっつくので先に行かせたが、一度追いついた後で見えなくなったが、田沢湖を反時計回りで「たつこ姫」のところの駐車場に入ったら、そこに居た。どうやら目的は同じだったようだ。


たつこ姫と駒ヶ岳今日のたつこ姫は後ろの湖面と駒ヶ岳(こちらも雲に頭を隠していた)に見守られて一段と奇麗に見える。
 走行距離を測って見たら、自宅からだと田沢湖も八幡平頂上も同じくらいなんだ。八幡平頂上から田沢湖は80Km以上あって、結局田沢湖一周を加えた本日の走行距離は203Kmでした。10時過ぎに出て結構ゆっくり廻っても16時前に帰って来る事が出来る。なかなか良いロケーションだ。
【2008/07/13 21:23】 | オートバイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やまやの蕎麦など
やまやの蕎麦 今日の昼は盛岡市の下の橋近く(大沢川原)にある、「蕎麦喰い処 やまや」で、挽き包み(ひきくるみ)のもり。それに掻揚げ。ここでは天麩羅に専用のタレがある。(写真左の「甘」という字が付いている壺。その手前の徳利のようなものは蕎麦のタレ)
 私は真っ白な更科より、蕎麦の実を丸ごと使っている挽き包みが好きだ。また、お腹が空いていると韃靼を一枚追加して食べる。更に気になっているのが「おやこめし(和風ロコモコ)」というメニューだが、まだ食べた事が無い。何が入っているのだろう?
 ところで、この写真はワイドレンズで接写してみたもの。先日入手したワイドレンズだが、グルメリポート(?)には最適な事を再発見。なかなか良い。
【2008/07/12 22:33】 | 味・旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アダプタが届いた
ワイドコンバージョンレンズアダプタ 6月28日の日記に書いた、ワイドコンバージョンレンズをカメラに取り付けるためのアダプタが今日届いた。
 ebay に出品していた中国のお店からの購入だし、少し届くのが遅くてちょっと心配したのだが、ちゃんと届いてホッとした。
で、早速装着してみると結構恰好良い。 さて、何を撮ろうか?
【2008/07/08 22:12】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。