スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Matrix LED で時計(2) ソース付き


 秋月電子通商で大型の赤色LEDドットマトリクス(8×8)38x38mm TOM-1588BH (http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00963/) を100円で買ってきた。で、少しまともな時計にしてみようとして見たのだが、上手くいかなかった。あろうことかLEDに付属していたデーターシート(ムービーの背景に写っている)が違っていたのだ。ピンを一つ一つ当たって調べると、16のピンのうち、8つも違っている。
【データシート】
Col.: 1 .. 8
Pin No.: 13, 3, 4, 10, 6, 11, 15, 16
Row: 1 .. 8
Pin No.: 9, 14, 8, 12, 1, 7, 2, 5
となっていたが、実際は
Col.: 1 .. 8
Pin No.: 12, 3, 4, 15, 6, 14, 10, 9
Row: 1 .. 8
Pin No.: 16, 11, 8, 13, 1, 7, 2, 5
だったのだ。配線をし直して何とか表示できた。やれやれ

 さて、Rubyのプログラムだが、文字フォントを返すクラスを作成し、それで得たフォントを横に並べ、8Col.ずつずらして表示している。
ソースは以下に転載しますが、Rubyの言語仕様では変数や引数の型のチェックが厳格でない(というか引数もオブジェクト)ので、文字フォントの配列を返すメソッドの呼出では、.getFont("A")や、.getFont(a) のように、文字定数や数値変数を引数にすることができる。
 また、メソッドが返すフォントデータは、配列なのだが、最初の要素(font[0])には文字フォントの有効文字幅の数値、次の要素(font[1])には、36の要素をもつ配列すようにしている。要素の一部が二次元配列になるという変則的な多次元配列も使えるのだ。これは結構便利だけどバグを生みやすいかもしれないな。
【プログラムソースは続きに】
続きを読む
スポンサーサイト
【2009/11/29 20:42】 | Gainer関係 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
Gainer+マトリクスLEDで時刻を表示


 Gainer でマトリクスLEDを動かすプログラムをRubyで書いて遊んでおります。で、少し時間が掛かったけど(Rubyも勉強しながらだしね)時刻を表示するプログラムができました。
 数字等の必要なフォントは4×7ドットで自作し、数値に合わせたフォントを返すモジュールを作成して呼び出して、一文字ずつ順に表示しております。
 ま、あまり実用的ではありませんが、動くだけで喜んでおります。我ながら単純ですな。(笑)
【2009/11/23 22:26】 | Gainer関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ワタリガニのパスタと焼さんまチョコ
ワタリガニのパスタ2009 焼さんまチョコ ワタリガニの季節ですね~、という訳で、久しぶりに岩泉のトラットリア・カンティーナに。昨日の朝にスタッドレス・タイヤに交換していたので、岩洞湖あたりから早坂トンネル辺りの圧雪もなんのその!でも、岩泉に着いたら車は融雪剤が跳ねて白く汚れてしまっていた。(洗わなきゃなぁ)
 やっぱりココのワタリガニのパスタは絶品ですなぁ。ソースが勿体ないのでお皿を舐めたいくらい。(笑) 隣の席の人が煙草を吸い始めたのが残念! 頼むから店内全面禁煙にしてくりぃ!
 折角なので海を見て帰ろうと小本から宮古への途中、「道の駅たろう」によったら、「焼さんまチョコ」なんてのが有った。単に魚の形をしたチョコをサンマの写真が付いたフィルムでラップしたものらしいけど、購買意欲はあまり沸かなかった。話題としてパチリ。
【2009/11/22 22:33】 | 味・旅 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
辛味麺
辛味麺1 辛味麺のメニュー
 いやぁ、今朝は焦った。朝、窓から外を見ると真っ白だった。
慌てて冬タイヤに交換したり、家の周りの雪かきをしたり。日頃の運動不足を解消できたかな?
 さて、本題の辛味麺ですが、これは宝介津志田店のみの限定メニューで、汁無しタイプの混ぜラーメンとのこと。ま、イメージ的にはかつて一世風靡した「あぶら麺」のような感じ。限定メニューとあらば、食べてみるしかない。
 写真では判りにくいけど、汁無しとはいえ、タレはちゃんと入っているし、麺やモヤシも温かくて美味しい。名前は辛味なのだが、出された時点では辛味は全く入っていなくて、香辛油というコチュジャンをゆるくした感じのものが、別の器で付いてきて、それを好みの量だけ入れて食べるというスタイル。
なので、辛いものが苦手の人でもOK.(名前でビビるけどね)
 うん、これ結構イケます。

【2009/11/21 18:40】 | 味・旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
MacOS X 風 Ubuntu を MacOS X 上で...
MacライクなUbuntu ややこしいんだけど....
MacOS X Snow Leopard 上で動く仮想マシンで Ubuntu を動かしていたんだけど、Ubuntu の GUI を MacOS X 風にする記事に出会ってしまったので、出来心でやってみてしまった。(単なる物好きです)
 画像はそのスクリーンショット。
これができると、旧型になって投げ売り状態のWin.XP版ネットブックにでも、Ubuntu ならそれなりに動くだろうから、Macなフレーバーで使えることになりますね。Hacintosh と違って、Macなアプリは動かないけど、メールやブラウザが使えればモバイル環境では有用でしょう。Poor man's Air Mac モドキだな。(笑)
 さて、仮想マシン上の Ubuntu は、一旦チャラにして、Ubuntu 9.10 を新しくインストールしておくことにしょうっと。
【2009/11/20 23:56】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Gainer 今度はマトリクスLED
imfj on Matrix LED Gainerを始めた人が通る道を順番に行っているらしいけど...
今度はマトリクスLEDに挑戦してみた。購入したのは秋月電子通商で売っていた BU5004-RG という 8×8 の二色(赤・緑)のもの。
赤の単色はありきたりだと思って二色にしたのが問題で、そのままではブレッドボードに載らないのだった。色々試行錯誤した結果、ユニバーサル基板(盛岡エレパーツで売っていた)を使ってにヘッダーピンに接続して、ブレッドボードに載るように加工した。Matrix LEDの3列×8個のピンの配置が微妙で、真ん中の列がそのままでは基盤の穴に合わないので、曲げて無理矢理入れたり、半田付けに苦労して何とか使えるようになった。(半田付けが汚いけど...)
 で、プログラムは ruby でサンプルを参考にして、文字が右から左に流れるように動かすものを作ってみた。
 以下は、そのプログラムです。「imfj→」の文字を流します。

#----------------------------
require 'funnel'
include Funnel

mat = MatrixLED.new
pixels = []
####### 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4
row1 = [0,1,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0]
row2 = [0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,1,1,0,0,1,0,0,0,0,0,0]
row3 = [0,1,0,1,1,1,0,1,1,0,0,0,1,0,0,0,0,0,0,0,0,1,0,0]
row4 = [0,1,0,1,0,0,1,0,0,1,0,1,1,1,1,0,1,1,0,0,0,0,1,0]
row5 = [0,1,0,1,0,0,1,0,0,1,0,0,1,0,0,0,0,1,0,1,1,1,0,1]
row6 = [0,1,0,1,0,0,1,0,0,1,0,0,1,0,0,0,0,1,0,0,0,0,1,0]
row7 = [0,1,0,1,0,0,1,0,0,1,0,0,1,0,0,0,0,1,0,0,0,1,0,0]
row8 = [0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,1,1,0,0,0,0,0,0,0]

20.times do
for i in 0..23
for j in 0..7
k = i +j
k = k - 23 if (k > 23)
pixels[j] = row1[k]
pixels[j+8] = row2[k]
pixels[j+16] = row3[k]
pixels[j+24] = row4[k]
pixels[j+32] = row5[k]
pixels[j+40] = row6[k]
pixels[j+48] = row7[k]
pixels[j+56] = row8[k]
end
mat.scan_matrix(pixels)
sleep(0.1)
end
end

【2009/11/15 20:42】 | Gainer関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
黒雪姫?
黒雪姫 MacBook のリンゴマークを上手く使ったシールをネットで見て欲しいと思っておりましたが、先日、シールを販売しているサイトを見つけました。しかもブラックユーモアで、その名も「Snow's Revenge」。
 白雪姫でも、元々は仮死状態から復活した白雪姫が王妃に復習するシーン(結婚披露宴で、王妃は真っ赤に焼けた鉄の靴を履かされ、死ぬまで踊らされた。)があったとのことですが、このシールでは王妃に毒リンゴを食べさせようとしているように見えますね。
 最初にネットで見たのは、カラー版で綺麗な白雪姫のシールでしたが、このブラックなのも、ちょっと良いかも?と思ってポチッとしたのが、11月3日だったからちょうど10日目の今日届きました。早速貼って写真をパチリ!
 自宅で使っていると、自分からは見えないところが少し残念...

【2009/11/14 21:33】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ぜいたく~な駅弁 東京弁当
東京弁当1 東京弁当の中身 今日は、赤坂にハードな日帰り出張。
昼食も慌ただしい立食だったことと、カミさんが「是非食べてみて!」という勧めに背中を押されて、清水の舞台から飛び降りる気持ちで(大げさかな)「東京弁当」(http://travel.biglobe.ne.jp/ekiben/bentou/pic/BIGBT0024b.html)を購入して新幹線に乗った。
 弁当を開くのも何となく誇らしいのだが、結局、誰も見向きもしないんだな、これが。(笑)
流石に割り箸も良いものを使っているし、ご飯も有機認証米のあきたこまちとか、おかず(というより、それぞれが料理だね)は、それぞれ老舗の味をセレクトして入れているというだけあって、とっても旨い。特に野菜の旨煮は最高だった。器は紙なので再利用は難しいが、捨てるには惜しい出来。

解説によると、中身は
・牛肉たけのこ(今半)
・キングサーモンの粕漬け(魚久)
・玉子焼き(すし玉 青木)
・野菜の旨煮(里芋・コンニャク・化粧人参・筍含せ・金平牛蒡・末広南瓜・はす・化粧牛蒡・絹さや)
・きのこの和え物菊花添え
・蓮根のはさみ揚
・和菓子
・ご飯(国産有機認証米の秋田県産あきたこまち)
・カリカリ梅 
・生しば漬け
とな。
う~ん、プチ贅沢でリッチな気分!
【2009/11/11 21:46】 | 味・旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Virus Barrier for FREE!
Virus Barrier X5 MacHeist (http://www.macheist.com/) で、アプリ6本($154分)セットを無償で提供する「MacHeist nanoBundle」キャンペーン中(残りあと3日)だったので、早速入手しました。(ゲームは欲しくないのでやめたけど)
 半日程度でシリアル番号が公開されましたが、一本だけシリアル番号の連絡が遅いので時々チェックしていたら、本日、「このキャンペーンを Face Book で友人に公開する書き込みをしたら Virus Barrier X5 が無償で提供しまっせ!」というメッセージが表示されたので、ボタンクリックでFace Bookに書き込んで、Virus Barrier X5 を入手、インストールしてメインマシンをフルスキャンしてみました。
 結果は、アヤシイファイルは検出されず、破損ファイルが4個見つかっただけでしたので、ま、安心かな?
 Virus Barrier X5 は、7ヵ月分だけ更新ファイルを無償で入手できるらしい。結局のところ、6ヵ月お試し版という訳なんだね。
【2009/11/09 22:06】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【スイーツ】タルトタタンのアップルシブースト
アップルシブースト リンゴの美味しい季節になると食べたくなるスイーツが、「タルトタタン」。
で、私が美味しいタルトタタンを出している店としてイチオシなのが、タルトタタン(店の名前)だ。あ~、ヤヤコシイ。(笑)
 先日立ち寄ったら既に売り切れで、店員に聞くと午前、午後それぞれ一回ずつ焼き上がるが、1時間程度で売り切れるとのこと。
 今日、頃合いを見計らってタルトタタンに行くと、ありました・ありました。
が、その隣で「アップル・シブースト」と目が合ってしまった。(笑)
で、今回はシブーストを食べてみることにしたのだった。
 写真では判らないが、シブーストクリームの中にリンゴのコンポート?が入っていて、とっても旨い。ちなみに、シブースト(chiboust)ってこのクリームの考案者の名前だとか。
 美味しいスイーツは満足感・幸福感を高揚させますね。
【2009/11/07 20:43】 | 味・旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
黒雪のWiFi問題は本家ブログでも
 一昨日問題あり?とした Blacksn0w でのWiFi問題ですが、開発元のブログ
「On the iPhone」
http://iphonejtag.blogspot.com/2009/11/blacksn0w-is-live.html
のコメントにもWiFi問題が沢山報告されていますね。
解決法らしきものも幾つかありましたが、本家が対応するのを待った方が良いようです。(解決したという方法を少し試してみましたが、動作が不安定になったりしました)
 3GSはSIMアンロックできなくても、3G はFWのバージョンアップをせずに状態を保ったままなので、余裕です(笑)
【2009/11/07 08:34】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Blacksn0wはまだ問題あり?
Blacksn0wmopera setting
 DEV-TEAM BLOG (http://blog.iphone-dev.org/)で、iPhone 3GS のiPhoneOS 3.1.2でアップデートされたベースバンドに対応したSIMアンロックができるBlacksn0wを搭載したBlackra1nの新バージョンが、11月4日にリリースされると予告されていました。
 予告どおりリリースされたので、昨晩、早速試してみたら、画像のように FOMA カードを認識し、APNの設定画面も出てきてmoperaの設定すればパケット通信もできるし、バッチリじゃん!...と、思ったのもつかの間、iPhoneをリブートしたら何故か WiFi 接続ができなくなってしまいます。
 ということで、復元で元に戻した後、Blackra1n でJB&Cydea & Rockをインストールして(Blacksn0wはインストール無し)使うのが、現状では良いでしょう。
あ、それからiPhoneを「どこでもWiFi」のように使える MyFiもね。
【2009/11/05 21:31】 | Mac好き | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
Google Wave beta
Google Wave beta Google wave のベータ提供が始まっているということで、知人から招待していただいた。
 11月1日からは、自分でリクエストを出すことが出来るようになっています。
紹介記事(日本語)は、ここ
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20400787,00.htm
リクエストページ(英文)
https://services.google.com/fb/forms/wavesignup/

 ということで、Google wave ことはじめです。
このサービスはグループで使用すると効果が実感できるので、一緒に波乗りする人を募集中。(笑)
【2009/11/04 20:49】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
XcodeでActionScript3を使う設定
XcodeでActionScript GainerをRubyで使う限界を感じてきたので、ActionScriptを勉強することにした。Gainerからの情報で、表示オブジェクトを動かすといった記述がRubyで実装するより楽に出来そうだと思ったから。
 ActionScript3をMacOS X Snow Leopard で使う開発環境(無償版)を調べていて、Xcodeで開発する方法が見つかった。これだと、ターミナルでコマンドモードで開発するより遙かにらくちんだ。元ネタのURIは末尾に書いておくが、元ネタサイトの情報には誤りもあったので、備忘録として記録しておく。
【開発環境の構築手順】
1.flexのインストール
http://opensource.adobe.com/wiki/display/flexsdk/Flex+SDK
から「Free Adobe Flex SDK (Download)」をクリックしてダウンロード
解凍したファイル「flex_sdk_3」を、/Developer/SDKs/ の下にコピー

2.パスの設定
.bash_profile ファイルに、
「export PATH=/Developer/SDKs/flex_sdk_3/bin:$PATH」
のコマンド行を追加しておく

3.XCode用のプロジェクト・ファイルテンプレートの「Core SWF」をインストール
http://idisk.mac.com/tadokoroatsushi-Public/flex_for_ssaw08.zip
をダウンロードして解凍したフォルダの中にある
Project Templateフォルダ内の Flex SDKフォルダーを
/Developer/Library/Xcode/Project Templates
フォルダー内にコピー

File Templateフォルダ内の ActionScript フォルダー を
/Developer/Library/Xcode/File Templates にコピー
Specificationsフォルダをフォルダごと
/Developer/Library/Xcode/の下にコピー

4.確認
Xcodeを起動し、新規プロジェクトでプロジェクトテンプレートから、「Flex SDK」→「AS3 Basic」を選択
プロジェクト名を「Hello」として保存
「ビルドと実行」を押すと、ブラウザが起動して「Hello World」が出力されれば、OK

以上の情報源は、「http://yoppa.org/ssaw08.php?itemid=831」ですが、上記の3のところに誤りがあるので、こちらを参考に。
【2009/11/03 17:21】 | Gainer関係 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。