スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
iPhone/iPadからMyMio を直接利用する
Brother iPrint & Scan 本日、Brother から iPhone/iPod touch および iPad 用のアプリ「Brother iPrint&Scan」がリリースされた。このアプリでは、iPhoneなどから直接写真のプリントとスキャンができる。iTunes Store から無償でダウンロード出来る。
 我が家では今年 MyMio の MFC-695CDN を導入していたので、早速試してみた。自宅のLANに接続している MyMio を設定するだけで使えるようになった。
 ブラザーのWebサイトでは、利用できるのは無線LAN接続の MyMio だけとのことだが、自宅の MyMio は一旦無線LANの設定をしたのだったけど、設置場所には AirMac Extreme があるため、MyMio の無線LANはオフにして、AirMac のLANポートとケーブルで繋いでいるのだが、それでもちゃんと動作した。
 惜しむらくは、ドキュメントのプリントが出来ないこと。なので ePrint との置き換えはできない。(あ、ePrint はスキャンが出来ないかぁ)
 ともあれ、iPhone で撮影した写真を直接プリントできるのは便利だ。
 ブラザーのプリンターはインクカートリッジを売っている店が少なくて不便ではあるが、MacやiPhone/iPad への対応が良いので、これからもガンバッて欲しいぞ。

スポンサーサイト
【2010/08/31 19:21】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Googleの電話サービスを使ってみた
Googleの電話サービス Google の電話サービス(Skypeみたいな)が米国のみサービスを開始したということでしたが、Gmailの設定で言語環境を日本語から English(US)に変更してみたら、チャットのところに電話のアイコンとCallの文字が現れました。クリックすると電話番号用の小窓が開いて、オマケに0.1ドル(10セント)分のクレジットも付いていた。早速、日本の国番号を付けて自宅に電話してみたら、多少タイムラグがあるものの、ちゃんと使えますね。
 ところが....
クレジットを追加しようと思って、Add credit しようとしたら、残念ながらそこから先には勧めませんでした。うーむ、プロファイルを米国在住に変更するなどしないといけないようです。ま、Skypeもあるし日本で正式にサービスを開始するまで待つことにしよう。
【2010/08/27 21:45】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東北新幹線でもPC利用が快適に
東北新幹線の電源コンセント 最近の東北新幹線の車両で、たまに足元にコンセントが設置されたものがある。写真は7月に、たまたま乗った車両のものだが、先日も東京からの帰りに乗った車両がそれだった。
 この車両の両端には大きなテーブルと、テーブルの脇にコンセントが用意されていて、結構大きなノート型PCでも使えるようになっている。(予約するときに車両のタイプが判るのかなぁ?)無線LANまでは整備されていないが、ま、N700系のようにPC対応の車両が増えるのは助かる。
 それと、今回発見したのは東京~仙台間では、トンネル内でもFOMAネットワークが使えたこと。というのは「光ポータブル」をb-mobile SIM U300 で稼働させ、iPad でネットを利用していて気づいたのですが、市街地から外れたあたりを走行している時よりも、トンネル内のほうが通信が早かったから。喜んだのもつかの間、仙台を過ぎたら最初のトンネルで接続が切れちゃって、あ~ら残念。
 今回は、期待していなかったし日帰りなので AC アダプタを持参していなかったので恩恵にはあずかれなかったが、ま、iPadは電池が長持ちするし、光ポータブルも同様なので、悔しい思いはしなかった。(笑)
 今年12月に青森までの開通で登場する「はやぶさ」(E5系)は、コンセントが付いているとの話があるが無線LANはどうかな?
【2010/08/24 20:50】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
iPhoneでアブラサス
JotNotPro 最近、「保存するメモ帳」abrAsus(アブラサス)がブレイクしているらしい。
http://superclassic.jp/?pid=16591184
 これのキモ(?)は、普通のA4コピー紙を縦に2つ折り、それを横に2回折って8枚分のメモ用紙(裏も使うと16枚分)として使用し、書いたメモはA4に戻してスキャンして保存するというところ。
確かにこれは良いアイデアなのだが、そのホルダーが結構高いのが難点。(確かに高級感はあるけど)
 ということで、アイデアだけは利用させていただくことで身の回りを見たら、RHODIAのケースが調度良い大きさだった。残りページが少なくなったRHODIAのメモ帳を外し、折り畳んだコピー用紙(abrAsus用リフィルPDFをプリントしたもの)を挟んでみると、なかなか良い。ま、ジョッターのような感覚で使える。
 スキャンには、iOSアプリの、その名も JotNot Proを使うことにした。A4としてスキャンするのだと、ちょっとしたメモをスキャンするのに、一枚分纏まるまで待つのも間が抜けているし、8つに分解するのも面倒だけど、JotNotだとメモを一枚分ずつスキャンして、関連有るメモを纏めてPDF化できたり、Evernote等にアップすることもできる。更に WiFiサーバーを起動してMacなどからWebブラウザでアクセスすることもできる。カメラとの角度で歪んだ画像を補正する機能もあるので、撮影も気楽にできる。
 ScanSnapを使う手もあるのだが、iPhoneで撮影する方が簡単で便利だ。
これで「保存するメモ帳」環境が整った。
 保存するメモ帳といえば、KINGJIMの「マメモ」も面白いコンセプトだけど、自己完結型なので持ち歩いたりマックで整理するということができないのが私としては不満だった。
【2010/08/04 21:34】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。