スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
kobo touch に英和辞書など
kobo和英辞書kobo時計 kobo touchに標準で入っている辞書は、国語辞書と英英辞書なので、私のように英語が不得手の利用者には英和辞書が無いのが不便だと思ってkobo の改造についてぐぐっていたら、こんな情報があった。
「NAVERまとめ Kobo touch 改造」
http://matome.naver.jp/odai/2134379143822737701

 ここの情報の中から、分解せずにできるもの2つを試してみた。

1.kobo touchで英和辞書
 http://petit-noise.net/blog/20120808/kobo-touch%E3%81%A7%E8%8B%B1%E5%92%8C%E8%BE%9E%E6%9B%B8
 インストールも簡単で、とても便利になりました。(画像)

2.koboでhtmlアプリ?
 http://wakufactory.jp/kobo/html/
 電子ペーパーで時計が動くのは、ちょっと驚き。
 Javascriptが使えることが判ったので、もっと遊べるようだ。
スポンサーサイト
【2012/08/27 20:49】 | 耳よりな情報 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
docomo SC-02C (GALAXY SII) のSIMスロットの破損・修理
SIMスロット ドコモ のファームウェア・アップデート(Android 4)があったので、暫く休眠していた SC-02C (GALAXY SII)を引っ張りだして、アップデートをしたのだが、その際、 micro SIM アダプターを引っ掛けて SIMスロットのピン(電極)を折ってしまったのだった。
Androidアプリのデバッグ・検証用なので、しょうがないかと諦めていたのだったが、昨日、電脳中心買物隊のサイトで「SIMスロット修理」(http://shop.isl.hk/products/detail.php?product_id=1681)というのを見つけた。5,400円というので頼もうかと思ったが、「カゴに入れる」をしてみたら、送料500円+で5,900円だった。待てよと思い直して「SIMスロット修理」でぐぐってみたら、どうやらドコモで修理ができるらしいので、聞いてみてから判断しようと、今日会社帰りにドコモショップに寄ってみた。(実は、ドコモとは回線契約が1本も無いので、修理を受け付けてくれないのでは?と思い込んでいた)
 対応してくれた女性に、ドコモ回線の契約が一本も無いこと、SIMスロットのピンを不注意で折ってしまったことを告げると、「回線契約が有ると修理代は 5,145円ですが、契約がない場合の料金が不明なので、修理担当部署に問い合わせて良いか?」と聞かれたが、悪いわけがない。で、結果は同一料金で可能ということだったので、お願いしてきた。やれやれ。(勿論、事前にバックアップを取ってから、メモリー・設定は初期化している)

 ところで、このタイプのSIMスロットの場合、microSIMアダプター(ゲタ)を使わずにそのまま場所だけ合うように microSIMを入れると良いようだ。また引っかかった時には無理せずにシックネスゲージの薄いやつをピンとの間に入れてやると破損せずに引き出せることも判ったので、次回は気をつけよう。
【2012/08/22 21:19】 | Android | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。