スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
自宅サーバー仮立ち上げ
今日はBフレッツ開通の日でした。固定IPアドレスが貰えるプロバイダなので自宅サーバーを立ち上げてみました。Bフレッツの工事からサーバー立ち上げの顛末を記録しておきます。
 仕事を休んで待機していると予定どおり11時にNTTさんが3人で到着です。今まで使用していたCATVのケーブルを引っこ抜いて、その穴を利用して光ケーブルを通すことにしました。近くの電信柱から光ケーブルを自宅まで引き込む作業も有るので、結構時間がかかりますね。部屋に引き込むところには屋外用の光ケーブルと、屋内用の光ケーブルを繋ぐ端子板が設置されました。光ケーブル同士を専用の工具を駆使して繋ぐ作業は、見ていて面白いですね。
 工事が終わると室内でテストをし、NTTに電話を掛けて従来の電話をひかり電話に切り替える指示を出し、ルータに光接続装置を繋いだら、あっさり電話が使えるようになりました。
 ルータの設定をNTTの人にやってもらうことで申し込んでいました(無料サービス期間中だったので)が、昼もだいぶ過ぎていたので「自分でやりますから」と言ったら、喜んで帰っていきました。
 さて、いよいよプロバイダとの接続です。Macをルータに接続して、ブラウザーを起動すると、ルータ設定用パスワードの設定画面になります。パスワードを設定すると、プロバイダへの接続を設定する画面が表示されます。ASAHI-netから届いた書類を参考にして、IDの所には固定IPで接続するため「f.(接続ID)@xxxx.net」と、パスワードには指定されたパスワードを設定してOKです。
 そうすると、いきなり接続に行き、ファームウエアアップデートの確認になり、再起動が掛かります。暫く待って(ブラウザーに終了までのカウントダウンが出ます)ログイン画面がでるので、IDには「admin」、パスワードには先ほど設定したものをいれてログインします。
 後は、DHCPの範囲と、固定IPで接続するアドレス(NAPTで接続する自宅サーバー用のローカルアドレス)に、192.168.1.10を、MAC アドレスにはそのLANカードのMACアドレスを設定します。
 次は外からのアクセスをこのアドレスにポーティングするための設定が必要ですね。このルータでは「簡易DMZ」という機能と、「動的NAPT」機能がありますが、安全なのは後者ですので、「動的NAPT」を有効にして、取りあえずポート番号80番(HTTP}だけ、192.168.1.10に転送するように設定しました。
 丁度電話が掛かってきたので電話のディスプレイを見ると、発信者番号が表示されていなかった。慌ててルータの設定を確認し、ナンバー・ディスプレイを「使用する」に設定し、動作確認をしました。これで電話の設定もOKです。
 しかし、設定を変更して「反映」ボタンを押す度に、2分(120秒)待たされるのにはウンザリしますね。NTTさん何とかなりませんかねぇ、このルータ。
 次に、自宅サーバーです。サーバー用には Mac mini と MacOS X Serverを注文しましたが、丁度インテル版Mac miniの発表の時期に近かったためか、発送は3月3日以降です。(Appleストアから、注文を変更しても良いけど、どうします?ってメールがきたけど、勿論MacOS X Serverの動作が保証されている従来のPowerPC版Mac miniにします)
 それまでのつなぎ用に、自宅に有ったPowerBook 5300CSのホコリを払って、MacOS 8.6をインストールし(Web共有機能は 8.5以降に装備)て仮のサーバーに仕立て(実は、LANカードのドライバなどインストールには苦労がありました。CDはSCSI接続の外付け、USBポートが無いので、FDでなど)、コンテンツは、今までのものをコピーしただけで、それを公開する設定にしてルータに接続しました。
 ともあれ、何とか設定して接続した後、グローバルな固定IPアドレスでアクセスしてみたら、応答するのはルーターなのでした。いろいろ試行錯誤してみた後で、「LANの内側からだとだめなのでは?」と思い立ち、外のサーバー(内緒)に接続して、そこからアクセスしたら、ちゃんとコンテンツが見えました。メデタシメデタシ。
 ということで、仮の自宅サーバーが公開できました。
スポンサーサイト
【2006/03/01 17:48】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<馬賊のじゃじゃ飯 | ホーム | 格安レンタルサーバー借りました>>
コメント
開通おめでとうございます。
自宅サーバも始めるのですね。正直、楽しいですw
自分の場合は、特に固定にこだわりませんでした。
DynamicDNSが使えれば問題ないですからね。
研究室のOSX Serverがものすごく設定が面倒くさかったので、どうもMacでサーバは拒否反応がでてしまいます。
やっぱりLinuxかな。Vine好きなのでw
【2006/03/02 01:18】 URL | koh. #-[ 編集] | page top↑
OSX Serverにする理由は何ですか?
【2006/03/02 01:54】 URL | kajipa #-[ 編集] | page top↑
koh. さん
 ASAHI-netは価格が2番目に安いのに、固定IPが提供されるのでラッキーでした。
kajipaさん
MacOS X Server 選択の理由は、IMFcのホームページを置くので、MacOSにしたかったのと、Tigerだと必要なソフトをインストール/設定するのが面倒だったからです。(BSD Unixベースですしね)
ちなみに、今PB5300CSで仮運用しているのも、www.imfc.org です。
【2006/03/02 06:22】 URL | ynomura #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ynomura.blog47.fc2.com/tb.php/221-3f43f12e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。