スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
MovableType を使ってみる
 折角CGIが使えるレンタルサーバーを借りたので、ブログシステムでは定番のMovableType 3.2J(http://www.sixapart.jp/movabletype/index.html)をセットアップしてみました。
 MovableTypeにして、何が嬉しいかというと、flickr(http://www.flickr.com/)から直接ブログが書けるということです。
 flickrにアップした写真を表示して、写真の上にある「Blog this」というボタンを押して、タイトルと本文を書いて「POST ENTRY」ボタンを押すと、自分のブログに記事が投稿されるという仕組みです。
あ、最初に一度 flickrのyour accountのyour blogsでブログのURLや書込用のID、パスワードをセットしておく必要が有ります。MovableType側でも投稿者の設定で通常のパスワードの他に、flickrで使うためのパスワード(APIパスワード)を設定しておきます。
 で、できたのが次のURLです。
http://nomura-yukinori.sakura.ne.jp/blog/
 更に、FC2のブログをMovableTypeに取り込んでみました。FC2で書き出ししたファイルがEUCコードなので、テキストエディタでUTF-8に変換し、MovableTypeの設定ファイルの230行目にある ImportPathに記載されているディレクトリにアップロードして、「読み込み」を実行しました。結果はコメントのパスワードがそのまま見えてしまった程度で、まぁ使えますね。

 参考までに MovableTypeのインストール方法を記録しておきます。
 ダウンロードして解凍したファイルの中にある、mt-config.cgi-originalというファイルを2ヶ所(28行目のパスと70行目のファイルパス)をレンタルサーバーの環境に合わせて修正するだけで、簡単に設定ができます。
 後は、サーバーにmtというフォルダを作って、全てのファイルをアップロードし、cgiファイルのパーミッションを設定します。(MacOS X で、CyberDuckだと、アップロードしただけで、パーミッションも正しく設定されていました)
 後は、dbのフォルダを作り、そこに.htaccessをセットしてアクセス制限をします。最後にブログ公開用フォルダを作って環境設定は完了です。
 いよいよMovableTypeのセットアップを起動して、各種設定をして完成になります。
 ダウンロードから完成までの詳細説明はhttp://www.sakura.ne.jp/support/manual/rs/mt_man.shtmlに記載されていますので、参考にしてください。Windowsベースで書かれていますけど、問題有りません。

スポンサーサイト

テーマ:ブログいろいろ - ジャンル:ブログ

【2006/03/07 20:18】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<光の速度と無線LAN | ホーム | 立体地図は面白い>>
コメント
自分のレンタルサーバでMovableTypeを動かすのは、僕がずっと憧れて来たことです。さすがノムさん。

ところで、FC2のブログから、コメントがきちんと引き継がれていますか?
【2006/03/07 23:42】 URL | kajipa #-[ 編集] | page top↑
コメントの引き継ぎは微妙に変です。リンクもおかしい。
時間が有れば、FC2の書き出しファイルをどうにかイジルと正しく取り込めると思うのですが、暇があったらということですね。
【2006/03/08 06:08】 URL | ynomura #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ynomura.blog47.fc2.com/tb.php/227-1ec07b95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。