スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
光の速度と無線LAN
 Bフレッツにしても早くならないと家人が言うので、速度を測ってみました。

 まずは、フレッツエリア内の速度を http://flets.speed/ で測定してみると、20Mbps 程度でした。これは無線LAN接続のためと判断して、ルータにケーブルで接続して測定すると、平均で 60Mbpsくらい。ベストエフォートの100Mbpsなので、こんなものかと。
 さて、それではプロバイダ(ASAHI-net)経由での測定。
gooのスピードテスト(http://speedtest.goo.ne.jp/)では20Mbps位ですね。
無線LAN接続だと10Mbps程度に下がります。
 家人のMacはPowerBookG4(チタン)なので、内蔵のAirMacは802.11b規格ですから、速度は4Mbpsでした。ということで、光の恩恵を受けるには、直接ルータからケーブルで接続するしかありませんね。

 さて、無線LANですが、今までは AirMac Express をベースステーションにしていましたが、光ルータ(RT-200KI)に無線LANカードを内蔵させた方がスマートなので、互換性のあるカードをネットで調べてみました。
 見つけたのはプラネックスコミュニケーションズの「IEEE802.11a+b+g無線LANカード [GW-NS54SAG] 」というもので、ネット通販で結構安く買うことができました。(802.11a規格も対応だし)
 ルータの電源を切って、無線LANカードを入れ、電源を入れると、ちゃんと動作しました。(もちろん、セキュリティの設定とMACアドレス制限をかけてます)
 これでベースステーションとして動作させていた AirMac Express はワイアレス・スピーカーとして使えますね。
スポンサーサイト

テーマ:インターネットサービス - ジャンル:コンピュータ

【2006/03/08 20:24】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Mac miniサーバー稼働 | ホーム | MovableType を使ってみる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ynomura.blog47.fc2.com/tb.php/228-303422ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。