スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Open Clip Art LibraryをMacで使う
 プレゼン資料等に挿し絵が欲しいと思うことが結構有ります。Webでも幾つかフリーで公開されていますが、大概はJPEGなどのデータで拡大/縮小すると汚くなってしまいます。拡大/縮小しても汚くならないベクター形式の画像ライブラリが公開されています。(実は、今日初めて知ったのですが)
それがオープンクリップアートライブラリです。
http://www.openclipart.org/
ここで使われているデータはSVG (Scalable Vector Graphics)という形式です。
 SVGは,W3Cが制定したWebページで使用するための画像形式で、PostScriptのようにベクトル画像だけでなく、フォント情報やテキストデータも内部に保持できます。
XMLで記述されているため特別なソフトウェアを用いなくても編集できます。(グラフィカルで無くても良いときは)また、HTMLと同じようにCSSを使った表現もできます。圧縮をしないで使うことが多いですが、gzip (8.2.1)で圧縮して使うこともあります。拡張子は一般的に「.svg」、「.svgz」です。
 MacOS XでSVG形式のデータをビジュアルに編集できるフリーのソフトとしては、inkscapeが良さそうです。
http://www.inkscape.org/
これはX11で動きます。(ライブラリからダウンロードした画像も開いて編集できましたが、どうも日本語が入力できないようです)

同じく、X11で動作するGimp.app
http://www.gimp.org/macintosh/
は、SVG形式のデータを読込むことができますが、ベクター形式にはなりません。
 日本語が使えるフリーのドローイングツールとしてはSketch+ v0.6 for Mac OS Xというものも有ります。
http://www.jagat.or.jp/sgml/top.htm
これでSVG形式のファイルが作成できますが、オープンクリップアートライブラリからダウンロードしたファイルが開けませんでした。
 ということで、現状では Inkscape と Sketch+ を併用するしかないのかな?
スポンサーサイト
【2006/07/28 23:43】 | Mac好き | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<ミスさんさの華麗な踊り | ホーム | 妻家房のビビン冷麺>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ynomura.blog47.fc2.com/tb.php/289-4a6e84e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ベクトル画像とは??
ベクトル画像ベクトル画像(べくとるがぞう)とは、コンピュータグラフィックスにおける画像の形式のひとつ。画像のそれぞれの部分を線と線で囲まれた面で表現し、それぞれのさまざまな性質、すなわち、線の起終点の位置、曲線であればその曲がり方、太さ、色、それら線に囲 コンピューターグラフィックス【2007/03/04 00:26】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。