スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
指紋認証USBメモリーとMacOSX
cf93b17b.jpgエムコマース(株)(http://www.m-commercekk.jp/)で販売しているBioSlimDisk iDEAという指紋認証機能が付いたUSBメモリーをMacOS Xで使ってみました。
USBメモリー自体に指紋の登録/認証機能があるので、USBメモリーが使える機種/OSであれば、Windows, MacOS(8.6~、X)、Solaris、Linux などで動作ができると書いています。
購入後最初にUSBポートに接続したら、指5本分の指紋を登録します。5本分の指紋の登録が済むとUSBメモリーとしてマウントされました。
一旦取り外して再度接続すると、登録済みの指紋を読ませるまでマウントされません。
本体脇に小さなスイッチがあって、指紋を登録し直すことができますが、勿論、登録して有る指紋を読込ませないと指紋の初期化ができません。
おまけに付いてくるソフトは、パソコン本体を指紋認証で使う人を制限するものですが、Windows2000/XPだけに対応しています。インストールするとWindowsログインが変更されて、このメモリーを接続しないとWindowsにログインできなくなります。
個人情報の漏えいなどの事件が出ていますが、これだとどこかに置き忘れたり、盗まれたりしても読み出される心配は減少します。
ま、もともとUSBメモリーにはアブナイデータを保存しないのですけどね。
今出ているのは 256MB, 512MB, 1GBです。(販売価格はここ(Amazon.co.jp)が参考になるでしょう。)

スポンサーサイト
【2006/01/20 21:13】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ロイヤルブルー | ホーム | データバックアップ for M1000>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ynomura.blog47.fc2.com/tb.php/3-b19710e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。