スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ecomailとパスロジ
 完全にスパム防止ができるというecomail(http://ecomail.jp/)を試してみた。(ecomailを利用するには、パスロジ(http://www.patp.jp/regist/index.html)という認証サービスに登録する事が必要)
 登録したメールアドレス(nomura@ecomail.jp)に、スパマーがメールを送っても、サーバーから


メールありがとうございます。

<nomura@ecomail.jp> 宛てのメールをお届けすることができませんでした。

<nomura@ecomail.jp> へメールを送信するためには、
あなたのメールアドレスをパスロジに登録して頂く必要があります。
お手数ですが、迷惑メール防止のために、ご協力下さい。



という返信が来て、メールが送られません。
(なので、上記のようにメールアドレスを公開しても安心なのです)

 ecomailのWebメールにログインして、そこから送信したメールには Reply-To: にタグメールアドレスという、登録したメールアドレスにタグがくっついたメールアドレス(nomura-xxxxxyyyyy@ecomail.jpのような感じ)が送られて、そのタグメールアドレスを宛先にして、From: は受信時のメールアドレスで送信しないとサーバーから蹴られてしまうというもの。

 設定によっては、その登録されたアドレスからならタグメールアドレスでなくても受信できるようにもできます。また、パスロジに登録されて、個人認証が済んだ相手からのメールは許可することもできます。
 このパスロジというのは、いわばワンタイム・パスワードによる、Webメールで、ワンタイム・パスワード生成をケータイで行うというもの。(ケータイの個体識別番号が認証キー)

 でもね、面倒くさいのは、Webメールにログインするたびにケータイでワンタイム・パスワードを取ってこないといけないこと。

 やっぱ、面倒だなぁ。
スポンサーサイト
【2007/06/07 21:51】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Google AJAX Feed APIを使ってみる | ホーム | Google SketchUpも凄い>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ynomura.blog47.fc2.com/tb.php/398-2fda52d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。