スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Time Machine on Tiger
svnX画面 新しいMacOS X Leopard では Time Machine 機能で自動的にバックアップが取られ、必要なら過去の状態のファイルが入手できますが、それを自前で行うのが subversion によるバージョン管理です。(subversionの詳しい説明は http://subversion.bluegate.org/doc/book.html)

 このSubversionによるバージョン管理を自分のMacで自己完結(subversionのサーバーとクライアントを1つのMac内で行う)する方法を試して見ました。
 自分の為の記録を兼ねてメモしておきます。
【Subversion インストール MacOS X】
1 必要なツールの入手とインストール

 subversion サーバーとクライアント
  http://downloads.open.collab.net/binaries.html
  から Subversion Client and Server for Mac OS X を入手してインストール

 GUIなクライアントソフト svnX
  http://www.lachoseinteractive.net/en/community/subversion/svnx/
  から svnX の最新版を入手してインストール


2 使い始め
 リポジトリ(サーバーの倉庫)用のディレクトリ作成
 $ mkdir /usr/local/repositories
 $ sudo chmod 777 /usr/local/repositories

 サーバーの起動コマンド
 $ svnserve -d -r /usr/local/repositories

 プロジェクト用ディレクトリの作成
 $ svnadmin create /usr/local/repositories/proj1

 プロジェクトファイルのインポート(登録)
 (登録するディレクトリの親ディレクトリにcdしてから)
 $ svn import svnwk file:////usr/local/repositories/proj1 -m "Initial import"
   (登録するディレクトリ名が svnwk の場合)

 Adding svnwk/sample.txt

 Committed revision 1.
 $
 のように登録内容が帰ってくる。

3 プロジェクトの認証設定を確認
 (リポジトリ内のそのプロジェクト内にある conf/svnserver.confファイル)

4 ユーザーとパスワードを設定
 (リポジトリ内のそのプロジェクト内にある conf/passwd ファイル)
 username = password の形式で記入する。

 これでサーバーが起動し、ディレクトリ/ファイルが登録されたので、いよいよファイルのチェックアウトです。

5 svnXの起動
 Path: svn://localhost/proj1
   (あるいは、file:///usr/local/repositories/proj1 としても良い)
 User: 設定したユーザー名
 Pass: 設定したパスワード
 を設定し、上の欄に表紙されるUrlをダブルクリック。表示されたリポジトリ内から必要なRev.# (最初は1)を選択して svn chackoutボタンを押し、格納するディレクトリを指定する。

 Working copyウインドウを表示し、Reveal In Finderボタンを押すと、チェックアウトしたフォルダが表示されるので、必要な更新をして、適当な時にコミットしておく。(コメントは日本語も可でした。)
スポンサーサイト
【2007/11/12 21:55】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<まだTigerですが... | ホーム | 珍柿>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ynomura.blog47.fc2.com/tb.php/467-5ae5c97e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。