スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
P905iをMacOS X Leopard で使う
ちょっとした事情で、仕事用のケータイを P905i にした。
画面を見ると Bluetooth のアイコンが有ったので、MacBookとペアリングをしてモデムとして利用しようとトライした。少してこずったけど、上手く使えるようになったので、メモしておく。
【DoCoMo FOMA P905i を MacOS X 10.5 Leopard で Bluetooth 経由で mopera U 等へ接続をしたときの記録】

P905i接続設定 mopera Uへの接続では、電話番号のところはAPNではだめで、*99***1#とする必要が有る。
後は、アカウント名とパスワードを設定するだけ。



P905iモデム設定 また、モデムのCCLは、製造元をNTT DoCoMo を指定すると現れる「P/FxxxiX(Bluetooth)」を選ぶと良い。
(ちなみにこのモデムスクリプトは/Library/Modem Scripts/Generic Dialup.ccl/Contentsにある、Info.plistと、その中のResources/Base Script.cclの2つで構成されている。)
 このモデムの設定で、自社のダイアルアップ回線(ISDN 64K同期通信)にも接続ができた。
ついでに、ケータイのCIDとAPNを参照したり書き換える場合は、FOMAUSBDriver Manager を利用すると簡単にできる。

 これで、今まで使っていた M1000を使わなくてもワイアレスでネットへの接続ができるので、快適だ。

(けれども、iSyncによるカレンダー等の同期は、Bluetoothではできなくて、USBケーブルで繋ぐ必要が有るのが残念!)

スポンサーサイト
【2008/05/21 22:49】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Prof. D. Parnas! | ホーム | 人身事故が多いなぁ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ynomura.blog47.fc2.com/tb.php/518-002588de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。