スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
北大路魯山人展
北大路魯山人展 没後50年北大路魯山人展が開催されているという情報を得てスケジュールをみると今日しか選択肢が無かった。来週末は札幌に行くことになっているからだめで、明日(28日)28日は山形に行く予定があるけど、ちょっと足を伸ばせばという訳で。
http://www.eminet.jp/sale/rosanjin_botsugo.html
いわき市には他に行きたいところもあったしね。

 美味しんぼなどで彼の存在を知ったのだが、実際に彼の作品を目にすることは無く、写真で得た程度の知識だった。やはり写真では実物の存在感やスケール感は伝わらない。
 たとえば鮑の形の器は、あれほど大きなものだとは思わなかった。料理が入った写真を見ても、その比較は先入観を除ききれないと痛感した。それほど予想以上に大きい器だった。魚を盛る皿も大きかったし、その足の造作は写真では見ることが出来ない。展示品の数も充実していて見る価値十分だった。来て良かったと思うとともに、 皆さんにもお勧めします。
 昼食は、美術館内にあるレストランが、食事全メニュー一律500円というので、ここで食べたが、値段に比して美味しい、お得だ。ウエイトレス一人で奮闘しているのだが、動作によどみなくテキパキとして小気味よい。駐車場も無料というし、満足の一日だった。
スポンサーサイト
【2009/06/27 21:33】 | 味・旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<あんバター復活 | ホーム | MacでWindowsをタダで使う>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ynomura.blog47.fc2.com/tb.php/612-50234138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。