スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
クラウド・コンピューティング on Google
Google App Engine test バズワードだとは思いつつも...クラウド・コンピューティングを試してみた。 Google Apps と Google App Engine は言葉は似ていますがまったく別物。 Google Apps はご存知の Gmailやカレンダーなど、いわば SaaS の提供なのですが、 App Engine は、自分で Web アプリを作って動作させる環境を提供する PaaS のサービスで、しかも無料で使える。(有料版よりは制限があるものの)

 Googleアカウントで、App Engine の利用を登録し、アプリを一個登録し、SDKをダウンロード、サンプルコードをDLして、中身をちょっとテキストエディタで弄ってから、GoogleAppEngineLauncher.app で動作テストしてからデプロイすると、Webアプリが Google のサーバー環境で動作します。

 現状の App Engine では、 Python と Java の2つの言語が使えるのですが、今回は Python を使ってみました。また開発は MacOS 10.6.3 です。
なんとなく、「こんな感じかぁ」が判るという目的は達成。

 実は Salseforce.com のお試しも半年以上前に試していたので、比較してみると、どちらも PaaS と分類されているようですが、Salseforce.com のほうは、FileMakerのような汎用DBソフトの SaaS という感じで、DB更新・参照系のシステムなら、プログラムコードを書かなくてもできちゃうので、エンドユーザでも簡単に使えるように思いますが、Google App Engine では、コードを書かないと何もできないので、エンジニアでないと使えないと思います。

 テストで作成したゲストブック・アプリのURLは、
 http://ynomuratest.appspot.com/
気が向いたら何か書き込んで見てください。
スポンサーサイト
【2010/05/23 09:45】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<iPad の私的感想 | ホーム | 今度は Japanino>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ynomura.blog47.fc2.com/tb.php/684-f7652453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。