スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
七味唐辛子
善光寺土産の一つに七味唐辛子があるということは、善光寺に行って始めて判った。
ところで、自宅では浅草のやげん掘製の欅でできた入れ物に、京都・清水寺の七味屋の詰め替え用のものを入れて使っている。そこに善光寺土産の八幡屋礒五郎のものが加わった。
そこで、ふと考えたのですが、日本の3大七味唐辛子は何故かお寺の近くに有るんですね。何か仏教と関係あるのでしょうか?(仏教発祥の地インドはスパイスの国ですし)

ちょっと気になって、そもそも七味唐辛子とは?を調べてみました。
仏教との関係は判りませんでしたが...


七味唐辛子とは(食材事典から引用)
http://www2.odn.ne.jp/shokuzai/Tougarashi.htm
日本の誇るミックス・スパイスです。1625年に江戸両国橋近くの薬研堀(やげんぼり)で徳右衛門(徳兵衛という説もある) という人物が、漢方薬の配合の手法を参考に、唐辛子を主体に香りのいい6種類の薬味をブレンドして 七色唐辛子(なないろとうがらし)として売り出したのが最初です。
7種の組み合わせは地方や店によって異なります。
・東京浅草の"やげん堀=中島商店(徳右衛門が始めたお店が現代まで続いている)"-生唐辛子、焼唐辛子、山椒(さんしょ)、 陳皮(ちんぴ、みかんの皮のこと)、黒ごま、麻の実、けしの実。
・長野県善光寺の八幡屋礒五郎-唐辛子、山椒、陳皮、ごま、麻の実、生姜(しょうが)、紫蘇(しそ)。
・京都清水三年坂の七味屋本舗-唐辛子、山椒、黒ごま、白ごま、麻の実、青海苔、青紫蘇。
(引用はここまで)

三大七味唐辛子の老舗情報
やげん堀(東京、浅草寺)
http://www.asakusa-umai.ne.jp/umai/yagenbori.html

八幡屋礒五郎(長野、善光寺)
http://www.yawataya.co.jp/index.html

七味屋(京都、清水寺)
http://www.shichimiya.co.jp/

スポンサーサイト
【2005/09/28 18:18】 | 味・旅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<卵とじ磯丼 | ホーム | M1000経由の接続ができなくなった>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ynomura.blog47.fc2.com/tb.php/72-c436803c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。