スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
コードを書かずにオブジェクト指向する Scratch
Scratchの画面 Androidアプリ開発を勉強しようとして開発環境を調べていたら、タイル型プログラミングができる App Inventor for Android というのに遭遇したことを前に書いた。
ここから横道に入ってコードを書かないプログラミングにちょっとはまった。
随分前には Squeak (http://squeak.org/)でも遊んだし、一昨年あたりは SCRACH(http://scratch.mit.edu/)にも出会ったが、この時点ではセンサーボードというデバイスを繋いで遊ぶというものだった。
 最近「日経ITpro」でScratchの連載が始まったのを機に、ちょっと実用的なプログラムを書いてみたが、このScratchは結構奥が深い。
 作ったプログラムは、私が iOS 用に開発・リリースしている「互換タイヤ」(http://ynomura.com/conpatiTire.aspx)とほぼ同等の機能を持つものだ。
 稚拙な出来だがツッコミを期待して公開しましたので、ご覧下さい。
http://scratch.mit.edu/projects/ynomura/2105164

 作ってみた感想としては、クラスが無いこと(プログラムでインスタンスの生成ができない)など、実装面での制約がある反面、かなり高度なことも(例えば並列処理、分散処理など)できるということで、かなり面白い。オブジェクト指向を体験的に勉強するのにも良いツールだと思う。
 更に、開発者モードにすると、ブラウザを開いてSmalltalkのソースを開いてカスタマイズもできるので、子供から高度なプログラマまで幅広い層に対応できる。
 それにつけても残念なのは App Inventor for Android がβ版でプロジェクトが終了することだ。

スポンサーサイト
【2011/10/26 22:47】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<VX-7のメモリー管理用ケーブル自作の顛末まとめ | ホーム | SIMロック解除>>
コメント
App InventorはMITに移管されます。
ITproの記事の筆者です。お読みいただきありがとうございます。
Scratchのプロジェクトも拝見しました。残念ながら私の車のインチアップは難しいようです。このような制約プログラミングも長年研究されているもののひとつです(ThingLabなど)。
ところで、App InventorはMITに移管され研究開発が継続されることになりました。
https://twitter.com/#!/abee2/status/103645986177548288
【2011/10/27 18:55】 URL | abee #p0dQ8pac[ 編集] | page top↑
コメントありがとうございます
App Inventor が継続されるとの情報ありがとうございました。

ITProの記事の著者に私の稚拙なプロジェクトをご覧いただき光栄です。インチアップが難しそうで残念ですね。北国では逆にスタッドレスタイヤでは扁平率が高いタイヤが高目なので、インチダウンすることがあったりします。

ところで、記事で紹介がありましたWikiページにあるJapaninoの情報へのリンクが切れておりました。
【2011/10/27 19:47】 URL | ynomura #XHt3DsvQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ynomura.blog47.fc2.com/tb.php/726-fce0a187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。