スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
学習リモコンが便利
学習リモコン 最近、液晶テレビのリモコンのボタンの反応が悪くなってきて、一部のボタンが効かなかったり、思いっきり押さないと動作しなかったりしていた。で、リモコンだけ入手しようとしたが、結構値段が高い。
それと、テレビのほか、ブルーレイディスクレコーダー、オーディオアンプなどリモコンが複数あるのも面倒だということで、学習リモコンを調達した。
 選んだのはSONY リモートコマンダー PLZ530D シルバー RM-PLZ530D(画像右端)。

テレビの純正リモコンの定価よりも安いうえに、これ1台で、画像の左側にある3台のリモコンが集約されて便利になる。
 今日届いて、簡単設定でとりあえず動作するようにはなったが、まだ一部の機能がうまく動かないところがあるが、後は、個別にカスタマイズしていこう。
【2012/05/04 21:52】 | 耳よりな情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
宅内の無線LAN環境を変更
(久々の長文書き込み)
フレッツ光からauひかりへの移行を控えて、自宅のネット環境を変更した。
これまでは、ONUからの出力をHUBで分けてひかり電話ルータ(RT-200KI)と、無線LANルータ(WZR-HP-AG300H)に接続して、電話とPPPoEを分担させていた。これはAG300Hの機能にある外部からのVPN接続や、WOL起動を使うため。
さらにそれらのLAN側を繋いで、無線LANに接続しているPCやスマートフォンを内線電話に使えるようにしていた。
auひかりではルータではなく(?)ホームゲートウェイと呼ばれる機器でもって、PPPoEではなくMACアドレス認証で接続されるとのことなので、これまでのようには接続ができなくなるらしい。ホームゲートウェイといってもルータのようなものなので、設定によっては何とかなるかも知れないが、ま、予行練習もかねて弄ってみた。

主な変更点はONUから直にRT-200KIに繋ぎ、その配下にAG300Hを置くようにした。悩んだのは、AG300HのPPTP VPN機能は、ルーターモードでないと使えないこと、それだと光電話ルータのLAN側とは別のドメインになること。同一ドメインにするには、AG300Hをブリッジモードで運用すれば簡単なのだが、それだとVPN機能が使えないことだった。DDNS更新機能もルーターモードでないと動作しないのだ。(DynDNSというDDNSを利用していて、この機能を使っていた)

光電話ルータと無線LANルータの設定を色々変更してみて動作検証を繰り返したが、結局、RT-200KIは PPPoEパススルーとして、ルーターモードにした無線LANルータにPPPoEを担わせる。邪道だが、光電話ルータのLAN側IPアドレスを無線LANルータのLAN側のドメイン内のアドレスに設定したこと。更に邪道にもそれぞれのLAN側をケーブルで直結。(いいのか?)
今のところ動作には問題なく、無線LANで接続したMacBookから、AG300Hにも、RT-200KIにも接続して設定したり、ログの閲覧もできるようになった。もちろん外からのVPN接続もできた。

さて、auひかりのホームゲートウェイにVPN機能や、DDNS更新機能が有って使えると無線LANルータはブリッジモードで運用できるのだが、それができないと、ちょっと厄介だ。ホームゲートウェイは利用者から機種の逆指定ができないので、何が送られてくるのかちょっと楽しみ?
【2012/04/01 18:06】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
互換タイヤ Android版をバージョンアップ
互換タイヤ Ver.1.1 2月11日にリリースした、「互換タイヤ」Android版をバージョンアップした。
前回のバージョンは、Android版アプリの作成方法を学び始めたばかりだったこともあり、見栄えなど不満がありつつも、とりあえず動くものができたというので、リリースしたものだった。
 その後、画面レイアウトの機能や、ボタンデザインの変更方法を学んだので、自分なりに見栄えを良くしたつもりのものを Ver.1.1 としてリリースした。
 変更は画面の Look & feel のみで、機能などは変更していません。
ボタンは Adobe Photoshop Elements で自作したものを使いましたが、ま、Ver.1.0 のものよりは、ボタンらしくなっていると自画自賛してます。
 そして、今回は Android Market における、既リリースアプリのバージョンアップ方法を学びました。

このアプリの詳細はこちらをご覧下さい。
http://ynomura.com/ynomura/hu_huantaiya_A.html
【2012/03/03 21:16】 | Android | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
初のAndroidアプリをリリース
互換タイヤAndroid版 正月休みからAndroidアプリ開発の勉強を初め、やっと最初のアプリとなる「互換タイヤ」をリリースしました。このアプリは以前 iPhone用として作成し、AppStoreにリリースしていたものが元で、利用者から「iPhone以外の友人が欲しがっています」と言われたことと「自習支援型Androidアプリ開発勉強会」(http://asm.dev-training.com/)に参加して、背中を押されたことが、モチベーションになりました。
 このアプリの機能は、車のタイヤサイズを計算するもので、ホイールのインチ数や扁平率を変えたいときに、標準のタイヤとの互換性を調べるものです。一般的にインチアップなどと呼ばれるものを、簡単に計算するためのものです。
詳細は、Androidマーケットのリリースページ
http://market.android.com/details?id=com.ynomura.android.compatitire
か、私の製品紹介ページ
http://ynomura.com/ynomura/hu_huantaiya_A.html
をご覧下さい。

Compatible Tire
【2012/02/13 22:11】 | Android | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
Microsoft Office Live との決別
 私が有償アプリのサポートページとして使っているドメイン名「YNOMURA.COM」は、だいぶ前に 「Webサイトを無料で作成」というキャッチフレーズでサービスを開始した時に、ドメイン名も無料だったので、取得したものを継続していたもの。
無料だったのが、二年くらい前から有償化されたが、2,000円弱/年くらいだったので、まぁいいかと利用を継続していたのだが、先日メールで
「Office Live Small Business は、2012 年 4 月 30 日をもって廃止されます。つきましては、お客様にプロフェッショナルおよびスモール ビジネス向け Microsoft® Office 365 への移行についてご案内させていただきます。」と連絡してきた。
 メールにはサービス料金が書いていなかったが、「Office Professionall Plus の特別な6か月無料トライアルをご利用いただけます。」とあるので、6か月後は有償になるのは自明なので、調べると600円/月のようだ。
 つまり、無償→有償化(2,000円?/年)→別サービス(6,000円以上/年)というトラップ(笑)だ。
しかも、Webページを移行するツールもなく、手作業で移行(というか、作成しなおし)しなければいけないとのこと。ひどい話だ。

 せっかく馴染んだドメイン名は継続したいし、これとは別に個人的に利用しているレンタルサーバー(こちらは、1,500円/年と格安)があって、あまり活用していなかったので、ドメインを移行することにした。OfficeLive の webページ編集ツールで作成したいたページを、すべてこちらに移行する必要があったのだけど、それは Microsoft Office 365へ移行する場合でも同じなので、覚悟の上。

 ということで、ynomura.com に置いていたWebページを、コツコツとiWebで似たように作成して、さくらインターネットのレンタルサーバーに登録し、gTLDのドメイン名は OfficeLive から切り離し、このレンタルサーバーへ向けてDNSを設定という一連の作業が完了した。あ~あ面倒くさ。
切り離された OfficeLive のページ(旧)は
http://temp.ynomuracom.officelive.com/default.aspx
で、しばらくは使えるようだが、今後は
http://ynomura.com/
で使っていくことになる。
さくらインターネットのレンタルサーバー・ライト(1,500円/年)は、OfficeLiveより前から使っていて、値上げも無かったので、これでしばらくは安定して使えそうだ。

テーマ:ちょっとした出来事 - ジャンル:日記

【2012/02/12 17:17】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Androidアプリ開発環境構築手順【MacOS編】(メモ)
 だいぶ前にAndroidの開発環境を構築した時と、随分違って
いたので、自分用備忘録として記録しておく。

環境構築(Android SDK等)の構築手順(2012年1月26日現在)

【以前の環境を消去する】
 ホームディレクトリーの .android, .eclipse, workspace ディレクトリー
 ドキュメントディレクトリーの workspace ディレクトリー
 (必要なプロジェクトは事前にバックアップ)

【Eclipse最新版のインストール】
 以下のサイトから最新の Eclipse IDE for Java Developersを
 ダウンロード
 http://www.eclipse.org/downloads/?osType=macosx

 解凍したものをEclipseフォルダーごと、Applicationsフォルダー
 にドラッグ&ドロップ

【Eclipseを起動する。】
 必要なら以下の手順でプロキシーの設定をする。
  環境設定→General→Network Connectionsで必要な情報を設定

【ADTのインストール】
 Help→ Install new software
 Add で Name: と Location: に
 https://dl-ssl.google.com/android/eclipse
 をセットしてOKボタンを押して少し待つと
 Developer Toolsが表示されるので、チェックして Next>をクリック
 さらに、Next>を押し、認証を Acceptして Finish
 セキュリティの警告が出るが、OKをクリック。
 再起動のメッセージが出るので、 Restart Nowをクリック

【Android SDK のインストール】自動化されている
 再起動後に Welcome Android Developmentウインドウが開き
 Install new SDK がチェックされているのを確認して Next>をクリック
 Googleに情報を提供するかの確認ウインドウがでるので、 YesかNoを
 選択して Finishをクリック

【プロキシーの設定(必要な場合)】
 Eclipleのプロキシーを設定しただけだと、Android SDK をインストール
 する Android SDK Manager が SDK が読み込めずエラーになる。
 Android SDK Manager にも HTTPプロキシーの設定が必要な場合は、
 Eclipse経由で起動しても設定できないので、
 /Users/(ユーザーID)/android-sdk-macosx/tools/ ディレクトリにある
 android (Android SDK Manager) を直接起動し、環境設定でプロキシーを
 設定してから、EclipseのWindow→Android SDK Managerで起動して、
 必要なプラットホームにチェックを入れてインストールする。

【Android仮想デバイス(AVD)の設定】
 Window→AVD Managerを起動して、新規にバーチャルデバイス
 (必要なAndroidバージョンのもの)を作る。
【2012/01/28 20:54】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
英語版 Steve Jobsを辞書を引きながら読む
iBook版辞書 ちょっと出遅れたけど、Steve Jobsの伝記英語版電子ブックを購入した。価格は日本語版上下の値段の4分の1以下だった。
 iBookだと、iOSの機能で辞書を引くことができるのだが、英英辞書を引いてくるのだった。
 それは、このePubデータの中にある言語属性が英語になっているためだ。
これを日本語に変えるには、Calibreというアプリの「書誌を編集」で日本語を選択する方法が簡単だった。
 これで、iBookを使って、解らない単語を辞書を引きながら読み進むことが簡単になった。(右の画像)
 そもそも分かる単語が少ないのだけど。 (^ ^);
 
 ちなみに、ネットで調べるとこんな方法があったが、私の環境では旨く行かなかった。
「iBooks (iPad 電子書籍) で英和辞書を表示させる裏技」
http://d.hatena.ne.jp/softether/20100730

【2011/12/08 20:59】 | Mac好き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。